<   2010年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

21日(金)手続き

7時半に起きると家内が可燃ゴミを出しに行ったところだった。

朝食の後、明石市の介護保険課へ問い合わせをしたが今イチ良く判らなかった。
市役所での手続きと社会保険事務所での手続きを全部説明してくれたせいで話が見え辛かった。

10時前、ベルコから精算金額の連絡が有り、300万円以上の金の精算なのに集金に来るどころか、別の葬儀で忙しいから11時から12時の間に持って来いと言った。
そのお役所のような上からの態度にカチンと来て「そっちの勝手で好きな事を言うのはおかしいじゃないか!」と文句を言ったが何かが変わる訳でもないのは承知しているし、ちょうど11時くらいに着く事も判っていた。
お金を用意し、家内と2人で車で出、11時過ぎに会館に着いた。
支払いを済ませ、昨夜担当者が忘れた白木の台を受け取り、実家へ行った。

コープへ行って退会手続きをして明石市役所へ。
介護認定者の死亡手続きの後、隣の窓口の後期高齢者医療被保険者の死亡届けをした。
さっきまで有ったたれぱんだの認印が忽然と消えて焦った。
戸籍の窓口へ行って、手続きで必要となった親父と母親の除籍謄本を2部¥1500取った。
印鑑は最初に行った窓口の椅子の下に落ちていた。
明石市役所に来ると駐車券とか何かしら落とす。
困ったもんだ。

明石年金事務所へ行って受付をし、1時間待たされてようやく年金受給者の死亡手続きを教えてくれたが、要は母親と私の住民票、私の戸籍抄本、母親と私が家族であると証明出来る第三者の署名・捺印が必要で明石でも姫路でもいいが出直さないといけないという事だった。

ステーションプラザに車を停め、『杵屋』で親子丼とざるそばのセット¥780、家内はカレーうどん¥680を食べた。

母親が好きだったお菓子¥630を2個とフーケの40個入りクッキー¥3150を買って市役所へ行き、母親の住民票¥350を取って実家へ。

隣のUさんに第三者としての署名・捺印を頼みに行くと先日払った自治会費の半年分を返してくれた。
書類を書いてもらって実家に入り、家内が片付けとかをしている間にNHKとNTTへ電話し、母親の契約解除手続きの問い合わせをし、書類を送ってもらう事にした。
お世話になったFクリニックへも母親が亡くなった事を電話で伝えた。

姫路に帰って宮西のマックスバリュで刺し身や明日家内のお姉さんやお母さんが来ると言うのでお菓子なんかを買った。
店を出ようとした時、Fクリニックから電話で私の住所を聞いて来た。

帰って刺し身で缶ビール2本飲んでから風呂。

体重を測ってラブレ。
テレビでジョディ・フォスターの『フライト・プラン』を観ながらお湯割り。
[PR]
by himesika | 2010-05-21 21:28 | 日記 | Comments(2)

20日(木)告別式

1時過ぎに寝たがお義兄さんのイビキやすぐ脇を走る国道の音などで眠りが浅かったのか4時過ぎに一旦目が開いた。
お義兄さんが着換えて出ていく音で6時半に起き、着換えて洗面を済ませトイレの後、コンビニまで歩いて行こうと外へ出るとお義兄さんが車を洗っていた。
「虫だらけや」
「パンでも買って来ます」
「もう買うてある」と言ってサンドイッチと缶コーヒーをくれた。

私がサンドイッチと缶コーヒーで腹ごしらえを済ませるとお義兄さんは一旦帰ると言って出て行った。

テレビを観ながら時間を潰したが立ったり座ったり歩き回ったり、会場の中では暇つぶしの方法が線香に火を点けるくらいで限られているしテレビを観ても面白くなかった。

家内と子供達が到着してO病院へ1人で支払いを済ませに行った。

ベルコが用意したサイン色紙に最後のお別れを書いた。
「上海でも出雲でも行けるな。良かったやん」
母親は私を生んだ時、男の子だったら上海に連れて行ってやるという親父の果たさなかった約束をよく口にしていたし、私が自動車免許を取ったら出雲へ連れて行ってやると言ったという私の記憶に無い話もよく口にしていた。

お寺さんが着いた12時半過ぎに御布施を渡し、告別式のお経は1時から30分程度で終わった。
親類とご近所さんを合わせて18人の人が来てくれた。
親族全員がマイクロバスに乗って斎場へ行き、すぐに会場に戻った。
精進料理を食べて4時半に各自の車で行くと思っていたがまたマイクロバスが出た。
母親は身体に金属が入っていたせいか骨がピンク色になっている部分が多かった。
お骨を拾ってまたマイクロバスに乗った。
あまりにあっさりと事が進められて行くのでみんな感傷に浸る間も無い。
その分涙も少なくて済んだ。

会場で初七日の法要を済ませ、宙太を新幹線に乗せて帰す為に西明石駅まで送ったが、車中で着替え終わると「財布が無い」と言い出した。
私とぴょん子が実家で降りて色々片付けたりテレビを観たり、会場の担当者が来て祭壇を作るのを見たり。

家内と宙太が自宅に戻ると財布は宙太の部屋に有ったらしい。
昨日、ぴょん子が誕生日祝いにとサティで買ってやった物らしかった。
で、宙太は姫路から新幹線で名古屋に帰った。

家内はその後、マックスバリュで焼き鳥や助六やビールを買って実家に戻って来た。
テレビで嵐を観ながら缶ビール2本飲みつつ腹ごしらえ。

姫路への帰りの車中でも缶ビールを1本飲んだ。
土山で高速に乗ろうとした辺りでぴょん子が「携帯が無い」と言い出した。
実家へ取りに戻って姫路へ。
別所SAでトイレに入ってマンションに帰った。
[PR]
by himesika | 2010-05-21 21:27 | 日記 | Comments(0)

19日(水)通夜

ぴょん子が今日発売の嵐の限定盤を受け取りに昨夜HMVへ行けなかったので、家内と共に喪服を買うついでも有って私以外は車で大津イオンへ。

JRを使って1人で会場最寄りの駅へ行き、駅北の郵便局で母親の固定資産税を払おうと思ったが番号札を取った途端書類を間違ったのに気付いて雨の中、会場まで歩いた。
家内にメールで正しい書類を部屋で探して持って来るように頼んだ。

10時頃に着き、家内が子供達と一緒に車で来るまで霊安室で時間を潰した。
O病院の駐車場に車を停め、支払いをしに行ったが夕方に来る看護師に確認事項が残っているのでそれ以降になると言われた。
組織として機能していないのは支払い窓口職員のやたらと多い人数と無駄口の数で見て取れたがイライラした。
車に戻って家内が買って来てくれた弁当で腹ごしらえした。

湯灌が1時から始まり、それが終わってから子供達をサティで下ろし、家内と2人で施設の支払いをしに行った。

会場へ戻る途中、郵便局で母親の固定資産税を払った。
5時頃、ようやく式を行う部屋に移動となり、休憩室が使えるようになった。

家内が6時半にお寺さんを迎えに行って7時から通夜が始まった。
親族とご近所さん合わせて30人くらい来てくれた。

親族で8時からバイキング形式の通夜料理。

ビンビール1本飲んだ。

夜は下の姉のお義兄さんと仕事の話とかしながら過ごした。
a0107718_0182371.jpg

お義兄さんは持参の芋焼酎、私はビンビール3本飲み、シャワーを浴びて1時過ぎに寝た。
[PR]
by himesika | 2010-05-21 21:23 | 日記 | Comments(0)

18日(火)母、逝く

いつものように起きて支度をして会社へ行き、昼まで仕事をして、昼は家内と冷凍の唐揚げとごぼ天で済ませていると親戚のF叔母さんから電話。
母親の様子を聞いて来たが様子も何も、まだ日も経っていないし行っても10分間、何の説明を受けるでもないので報告出来るような事も無い。

午後からも仕事を続けていると1時半頃、O病院から電話。
「お母さんの容態が急変して今お医者様に診てもらっていますがすぐに来てもらった方がいいと思います」

で、課長に事情を話し、隣のI先輩にやり残している業務1つを引き継いで家内に電話。

マンションへ戻って鞄を置きに部屋に入り、車のキーと免許証を取って車に乗った。
車の中から上の姉、下の姉の旦那に電話して親戚のFの留守電に母親の容態が急変した事を録音した。
入れ違いで部屋に入った家内も着換えた後すぐに降りて来た。

高速は順調に走り、2時半頃、病室に着くと上の姉が来ていた。
母親はぽかんと口を開けて横たわっていて全て了解出来た。
姉に「間に合った?」と聞くと首を横に降った。
H先生が「13時51分、苦しむ事無く、眠りに落ちるように亡くなられました」
朝、ゆるいお粥を少し口にしたと言うし、昼には「頭痛くないですか?」という問い掛けに首を横に振っていたそうだ。

しばらくして下の姉夫婦もやって来た。
みんな「その瞬間」に立ち会ってはいないので情緒が爆発する事もなく、涙は一滴程度だったように思う。

3時半くらいになってナースが母親の身体を拭いたり薄化粧をしてくれ、1階の霊安室へ移動。
「ベルコ」の営業マンが来て軽い打ち合わせの後、引き取りに来るまで40分程掛かると言われた。

その間に課長、お隣のUさん、灘に住む母親の弟、お寺さんに連絡。
母親の9月の受診予約のキャンセルなんかも済ませた。

4時過ぎにベルコのシティホールに着いてお寺さんに電話すると5時20分に駅に着くと言った。

お茶を飲んでから通夜、告別式の打ち合わせ兼発注。
途中、家内に駅までお寺さんを迎えに行かせ、枕経を上げてもらった。

そのお寺さんを駅まで送るのは私がやって、車中で御布施の種類と金額の打ち合わせを済ませた。

戻ってまた打ち合わせの続きと供花などの発注。
お供え以外で300万円を超える。
御布施と合わせると400万円近く掛かるのだから勝手に死ぬのも考え物である。
死ぬ前に「家族葬でいい」と言っておかねばならない。

7時に会場を出て家内と実家へ。
Uさんを訪ねると町内会長への報告が必要だという書類を持っていたので式の予定と場所を伝えた。

家に入って母親の腹違いの弟妹達、親父の弟と妹に電話連絡。
神戸の叔母は「うちのパパが死んだ時、誰も来てくれなかった」という話を持ち出して来たのでうんざりしたがこっちは連絡さえすれば用は済んでいる。
まさか来てくれと言うつもりはないので少し不愉快だったが心の中で「はいはい」と言って、それでも声は丁重にお詫びして切った。
母親の写真、生花教授の看板、紙人形、にゃんこのぬいぐるみなどを持って出て姫路へ。

9時頃、「すき屋」でポン酢おろし牛丼と豚汁のセット¥520を食べた。
想像した程美味しいとは思えなかった。
ポン酢おろしは一度に掛けてしまわず、少しづつ掛けるのが正解かも知れない。
家内は途中で残した。

帰ると宅配ボックスにぴょん子がネットで注文した本や靴や服など4個の荷物が届いていた。
着換えて母親のカードを持ってローソンのATMでお金を下ろしに歩いて行くと銀行カードは平日は9時までで使えず。
郵貯カードは上限20万円を2回と10万円1回使って上限の50万円下ろした。
その度に¥210取られるのだから銀行はいい商売である。

会社への報告書をエクセルで簡単に作ってFAX。
暑かったので缶ビール2本飲み、家内、ぴょん子の後、風呂。
体重を測ってラブレ。

夜中の1時20分頃、私は布団に入っていたが、宙太が最終の大阪までの新幹線と最終の新快速を乗り継いで帰って来た。
[PR]
by himesika | 2010-05-18 22:32 | 日記 | Comments(2)

今日も抜群の快晴で暑いくらいだった。

仕事は各種連絡がすれ違い気味であんまりスムーズな1日ではなかった。

昼、マンションに帰るとぴょん子が居て休みだったらしい。
家内はイトメンのカップ麺「山菜そば」、私はマルちゃんの「赤いきつね」。
会社へ戻る途中にローソンで母親の通販のお金を支払った。

新案件にも遭遇して3時に母親の掛かり付けの病院へ予約してあった19日には行けなくなった事を連絡。
あれやこれやできっかり定時に上がる事が出来たので良しとする。

JR各停に乗って母親の病院の最寄り駅へ。
家内に着時間(17:52)をメールしておいたので駅前で車に乗って病院へ。

母親は起きていてやっぱり「はよ帰り」と言いたいようだった。
入歯は入れてもらったようだったが大儀なのかあまり喋らなかった。
手に付けられた点滴のチューブが煩わしいようだった。
様子を聞かせてくれるナースも居なかったので10分ちょい居て姫路へ。

マックスバリュで弁当を買って帰った。

ぴょん子と3人で弁当。
私はインスタント味噌汁も。

皿を洗っていると宙太が母親の様子を聞きに私の携帯宛てに電話をして来たが家内が出て喋った。
無理に帰って来いとは言わなかった。

8時過ぎに風呂。
体重を測ってラブレ。
血圧を測って、みつ豆を食べてからテレビを観つつお湯割り2杯。
[PR]
by himesika | 2010-05-17 21:30 | 日記 | Comments(0)

7時過ぎに起きて血圧測定後、新聞を取って来て朝食。

家内も起きて来ていちごとたまねぎを貰いに1人で実家へ出掛けて行った。

いい天気だったが病院から連絡が入るやも知れず、ウォーキングにも出られなかったのでテレビと読書。

家内が帰って来た11時、チーコの籠の掃除。

昼は家内がカレーの残りを片付け、私とぴょん子は鮭とインスタント味噌汁とゴマ昆布でご飯。

テレビを観ながらソファでうとうとしてから2時前、家内と2人でO病院へ。

母親は呼吸用マスクを外され、すやすやと寝ていた。
起こすのも可哀想だと家内と2人で見ているとナースが「声掛けてあげて下さい」と言いながら母親を起こした。
良く眠れたかという問いに頷いたものの、まだ眠たい様子だった。
昨日の帰りは手が冷たかったが今日は温かかった。
脳出血で呂律が回らない上に入歯を外されているので言葉の端々までは聞き取れないが、ざっくりとはコミュニケーションが取れる状態なので大丈夫ではないかと期待してしまう。
しかし、医師が行った「山」はまだ越えていない。

病室を出て休憩スペースで缶コーヒーを飲み掛けるとF夫婦が三男を連れて来てくれた。
面会者が重なったのでしばらく待って叔母さんと三男、その後叔父さんが面会した。

4時前、病院を出て姫路へ。

家内が本屋へ行きたいと言うので駅前に着けて車で待った。
その後、洋服の青山へDMを持参して先日貰ったのと同じキティちゃんのグラス2個セットを貰ってマックスバリュへ。

冷麺の食材を買って帰った。

テレビを観て冷麺を作り終わると家内は朝自転車屋から修理終了の連絡を受けていた事を思い出したので取りに行った。
私とぴょん子は冷麺を食って腹ぽんぽこりん。

家内が買って来たマンガ『JIN』の18巻を読んで8時過ぎに風呂。
体重を測ってラブレ。

テレビで『ファンタスティック・フォー』を観ながらお湯割り。

明日はまた月曜日。
新案件遭遇の日だ。
[PR]
by himesika | 2010-05-16 20:41 | 日記 | Comments(2)

5時過ぎに一旦目が開いてしまい、布団でゴロゴロしていると8時になった。
家内は土曜出勤なので既に起きていた。
『ゲゲゲの女房』を観て朝食。

家内が出掛けた後、流しの片付けなどをして9時半頃携帯を見ると着信が。
覚えのない番号だったが返信してみると施設の婦長さんからだった。
転院先は専門の病院がいいだろうと言うので任せる事にしてすぐに出掛けるべく家内に電話した。
その話中、家電が鳴って出ると施設の医師からで、O病院へ救急車で搬送するから保険証を持ってすぐに来いと言う。

でマンション前で家内が戻って来るのを待って病院へ10時過ぎに着いた。
病院前の信号を右折する時に先に病院に入る救急車があってそれに乗っていた。

レントゲンを前に家内と2人でH先生の言う事を聞いた。
手術をして脳内出血を取り除いても呂律が回らない症状が良くなる訳ではなく、87歳という年齢と心臓手術をしている事を考えると全身麻酔のせいで命を落とす可能性も高い。
手術をせずに脳の圧迫を抑える点滴等をするとしても一度出血した部分の脳は治らない、寝たきりは確実な上、この4~5日が山だと言う。
ストレッチャーに寝かされて点滴を受けている母親は意識がまだしっかりしているので「頭、手術せなあかんらしい」と言うと「嫌や」と激しく首を振った。
親父が手術した時の事を連想したのだろう。
下の姉に電話して話すと「お母さんの意思を尊重してあげて欲しい」。
私もそう思った。
上の姉が留守で連絡が付かず、イライラしたがH先生は是非家族の意見をまとめてくれと言う。
神戸の親戚Fにも連絡を入れた。

3階に上がって休憩所に座わり、12時を回った頃、1時までに連絡が付かなかったら決めてしまおうと思っていると12時半、姉が長女を連れて現れた。
ナースが連絡先の用紙を持って来たのでそれに記入してからざっくりと報告をして姉と2人で集中治療室に入れられた母親の様子を見に行った。
非常に聞き取りにくかったが、母親は「大丈夫、はよ帰り」と言ったようだった。

1階に降りて姉と一緒にH先生の説明を聞いた。
手術はしない旨の報告をすると治療中に心停止、呼吸停止した場合に延命処置をするかしないか決めてくれと言う。
「もう勘弁してやってくれ」という気が有ったので姉が「あんた決め」と言った事も有って先生に無理に生かす事はしないでくれと頼んだ。
こちらの決断を聞いてからH先生は、
「私のおばあちゃんがこの症状なら絶対手術はしないし人工呼吸器も付けさせません」と言った。
人工呼吸器は一旦付けると外せない為、その後の様子を見て後悔する人が多いそうだ。

姉親子と別れてGSで満タンにした後、施設へ行き、部屋の私物を全部台車を借りて車に積み込んだ。

2時前、マックスバリュへ行って入院に必要なボディソープやスプーン・フォーク・コップなどを買い、前と同じ焼きそばとおにぎりの弁当を買って食べた。
家内はサンドイッチ。

下の姉が病院に着いたと連絡をして来たので実家に寄らずに病院へ。
先生に聞いた話を説明して保証人2の欄に記入と捺印をしてもらった。

実家へ行って車に積んだ物を下ろし、隣のUさんに自治会費1年分を渡すと同時に説明をした。

新聞屋へ行って明日からの新聞を止めてもらう依頼をしてから3時半過ぎサティへ。
水差しと身体を支える為にミニピローを2つ買って病院へ。

荷物を置きに入って「また来るわ」と言うと母親は「病院におったら安心やから来んでええ」と言った。

姫路へ帰って宮西のマックスバリュへ。
サマージャンボと別の宝くじ、どちらも¥300をバラで10枚づつ買った。
カレーの食材やらビールやらつまみやらを買って帰り、神戸のFに面会時間の案内の電話をしてからビール。

Fの旦那からも電話が入ったので病院の先生の話やら私達の決断した内容の話をした。

ぴょん子が最近録画しまくった嵐のテレビ番組のタイトル入力。
カレーは前半を家内、後半、つまり混ぜる役をぴょん子がやり、3人で食べた。

流しの洗い物を片付け、9時に風呂に入って体重を測り、ラブレ、お湯割り。
[PR]
by himesika | 2010-05-15 21:02 | 日記 | Comments(3)

今日も新案件に遭遇する事無く、あちらこちらへの連絡が色々片付いた日だった。

昼は家内とマルちゃんのカレーうどんとコーヒーでえらく軽めの食事で済ませた。

定時できっぱり上がったが、今日は取るべき連絡が向こうからやって来たり、延ばしたい連絡を先取りしてみると想像以上にうまく片付いたりと良い1日だった。

んが、マンションに着いて携帯を覗くと家内からのメールが入っていて「ぴょん子が当て逃げされた。ケガは無いけど自転車の前輪がアウト」。
ぴょん子にあれこれ質問メールをすると、ケガは無いから警察へは連絡していない、帰りに車で自転車を積んでくれと言って来た。

7時前、家内が帰って来て焼きそばの準備を始めると7時過ぎ、ぴょん子から迎えコールが。

会社の前に着けて前輪が歪んだ自転車とぴょん子を乗せた。
コンビニに停めてあったワゴン車の陰から飛び出して来た車の前輪フェンダーに自転車前輪を挟まれたと言う。
運転手は一旦降りて来たがぴょん子にケガが無いと判ると逃げたらしい。
買った自転車屋へ行って見せると、兄ちゃんが駐車場内を走ってみた後、前輪を交換してからフレームの歪みを確認すると言われ、修理費は10%オフで6千円強。
預けて帰って来た。

家内は1人で夕食を済ませて風呂に入っていた。
ぴょん子と食事を済ませてテレビを観ながら缶ビール2本。

お湯割りを飲みながらテレビで『ゴースト・ライダー』。

10時過ぎ、施設から連絡で母親が顔色が悪く呂律が回らないので脳梗塞の疑いが有ると言って来た。
明朝連絡をするから待っていてくれと言われた。
年寄りを様子見するより救急車を呼んでもらった方がありがたいのだがそれこそ様子が判らないのでいかんともしがたい。
滅茶苦茶難しい状態ではないようだったが心配ではある。

ここ数日で家内の会社の上司が交通事故を起こしたりと色々身の回りで起こり過ぎていて気味が悪い。
[PR]
by himesika | 2010-05-14 21:38 | 日記 | Comments(0)

今日は新案件に遭遇してあちらこちらへの連絡もテンコ盛りで「超」は付かないけれど忙しい日だった。
おまけに定時後に1時間人権啓発研修を受け、更に連絡を1つ片付けて6時半近くに帰って来た。

玄関で買い物に出掛けるぴょん子と入れ違いになった。
家内がベランダの植木などの整理をしていて夕食の準備が出来ていないので「ラーメンを食べに行こう」という事になった。

自宅から近いのに行った事の無い『らぁめんたろう』へわざわざ車に乗って行った。
ラーメンと餃子(7個)と炊き込みご飯のスペシャルセット¥1000。
家内は味噌ラーメンに半熟玉子をトッピング。
私の好きな長浜ラーメン系の細いストレート麺ととんこつスープ。
スープはとろみがあって少し飲みにくく、後半冷めるのが早いような気がした。
チャーシューはかなり薄くスライスしてあってとろとろに近いまで煮込んであるのでほとんど食感が無かった。
スペシャルセットはただで大盛りに出来ると言われたが普通盛りにした。
キムチが無料で中くらいの壷に山盛り出て来たので辛い物は苦手だが少しだけ食べた。
マックスバリュへ寄って先日の7千円強のクリーニングを受け取って帰った。

コーヒーを飲んでからチーコを出して洗い物。

9時前に風呂。
体重を測ってからラブレ&お湯割り。
[PR]
by himesika | 2010-05-13 19:49 | 日記 | Comments(0)

今日はヒマヒマではなかったが新案件と遭遇する事もなく、あれこれ片付けないといけない事をバッタバッタと切り倒し、昼は家内と昨日の残りを食べ、午後からもせっせと働いた。

午後からは会議でつぶれ、必ず定時で上がらなければならない日だったので定時に上がって久々に駅北の立ち飲み屋へ先輩と行った。
結局5人で生ビールを飲んであれこれ教えてもらったりして¥2500払って7時過ぎに帰って来た。

ぴょん子と3人で夕食は散らし寿司。

8時半頃、風呂に入って体重を測りラブレ。
[PR]
by himesika | 2010-05-12 21:08 | 日記 | Comments(0)