人気ブログランキング |

5時過ぎにトイレ。
ゴロゴロして7時に携帯アラームで起床。
洗面後、血圧を測って可燃ゴミを出し新聞を取って来た。

連絡業務、支払いや書類作成などなど。

昼は3人で昨夜の混ぜご飯。
コーヒーを飲んで会社へ。

連絡を1つ2つやって巡回。
宮西でロト6を買って高砂方面。
浜国で姫路に戻る途中、雷が鳴った。
別所に抜けて大津方面へ。
イオンのマックでチーズバーガー¥120、ナゲット¥190、アイスコーヒーS¥100を14:27にオーダーして食べた。

会社には3時半頃帰って来た。
残務処理と支払、提出書類をやって仕事をぶった切って定時に上がった。

帰ると歩数は、4110。
家内とぴょん子が嵐の東京ドームライブのDVDを観ていた。

缶ビール2本。

7時前、ぴょん子が作った豚丼、たまねぎとじゃがいもの味噌汁。

8時前にぴょん子は流しの片付け、家内は嵐のDVDを観続け、私は閻魔お湯割り。

8時半から「ミュージック・ステーション」を途中から。
9時前に家内はお義姉さんに駐車場の保証人の判子を貰いに出た。

嵐の何かの曲に触発されて全く関係は無いが、久しぶりに日浦孝則の『ビリーヴ』が聴きたくなってPCにヘッドフォンを差して聴いている。
1987年5月の発売らしいが私は試聴テープを手に入れてその随分前から聴いていた。
名古屋から横浜に転勤になった時、家内がぴょん子を産むのに実家に帰って居たので1人で引っ越しの荷物出しに立ち会っている間、テレコで流し続けた。
作業は業者の人にお任せだったが、作業中、好きでもない音楽を延々と聴かされてうんざりしただろうと思う。
しかし誰が何と言おうとこれは名盤である。
傷心後の人間不信の心にジワ~っと沁みる歌の数々で決して明るく前向きにはしてくれそうにない。
そのポップで明るい音と戻れない別れの歌詞、アンニュイでフラットする歌い方がとても心地良い。
特にラストの『もうやめた』を聴いていると「よし、よし、辛かったな」と言いながら涙目で頭を撫でてやりたくなる。
(メーカー廃盤だろうが中古品なら手に入るようだ)
ドラムス・ベース・ギター以外の演奏ほとんどが杉山TOMアレンジのシンセサイザーで、低予算で作られたアルバムだがテイチクが池田聡とか、ニューミュージックに力を入れていた頃の作品だ。
後にclassというデュオで『夏の日の1993年』というヒットを出すが、私はこのデビュー作『ビリーヴ』の方がずっといいと思う。

水を飲んでから10時半に風呂に入って体重を測りアロエヨーグルト。

「アンニュイ」と言えばルー・リードなのでライブ盤『ロックンロール・アニマル』の名曲「ロックンロール」。
by HIMESIKA | 2013-04-26 20:08 | 日記 | Comments(0)