4日(火)ジョン・ドーソン・リードと宙太名古屋へと1時間ウォーク

用も無いのに7時キッカリに目が開いて起床。
血圧を測って新聞を取りに行って朝食。
何故かぴょん子が起き出して来て風呂に入った。

しばらくして月曜日から土曜日まで8時から15分間やっているNHK朝の連ドラ『ゲゲゲの女房』を観る為に家内が起きて来た。

テレビを観ながら家内がぴょん子から譲り受けた富士通のノートパソコンをいじってプリンター設定とEメールを使う事は無いだろうが送受信が出来るようにアウトルック・エクスプレスの設定をしてやった。

昼は昨夜の残り物と餃子を食べたがぴょん子はおこたで寝たままだった。

家内が宙太のスーツやシャツを梱包したのを1人で車に乗って一番近いファミマへ行き、明日の午前中に届くように出した。
ついでに今日届いた母親のお茶代を振り込んで帰って来た。

缶ビール2本飲んでからネットを覗いているといまだに手に入れていないCDを発見した。
John Dawson Readというイギリスのアーチストが1975年に発表した1st アルバム"A friend of mine is going blind"
当時はクリサリスレーベルが誕生したばかりで精力的にプロモーションをしていた事もあってMTVでも何回か観たように記憶しているが、同じクリサリスのLeo Sayerとゴッチャになっているかも知れない。
なんとまだアーチスト活動をやっていて彼自身のサイトであの名曲のタイトル曲ほか数曲を視聴する事も出来た。
当時、レコードでは1stと2ndを買ったが、CDではAmazonで検索しても見付からずに諦めていたのでビックリした。
念の為、まず連絡用メールアドレス宛てにカード支払いで日本に送ってもらえるか聞いてみた。
するとすぐにOKの返事をくれたので注文。
送料込みで9.5ポンドって何円なのか知らないが忘れた頃に届くだろう。

夕食はいつもより1時間くらい早い6時に4人揃ってパスタ、じゃがいもとベーコンとアスパラガスのグラタン、コンビーフのサラダ、スープ。
食後のコーヒーを飲むとお腹ポンポコリンになった。

宙太が新幹線に乗る時刻になって、家内にグリーン席と乗車券で1万1千円を渡すので家内が「いつもの7600円でええよ」と言ったが「気ぃ使わんでええがな」と言う。
また、家内が車で駅まで送ろうとすると「歩いて行く」と言う。
どうにも愛想の無い息子である。

宙太が玄関から出て家内が下まで見送った後、1時間だけでも歩いて来ようと7:36からお城北まで行って引き返して来るとマンションに着いたのが8:41。

風呂に入って体重を測ってラブレ、お湯割り。
[PR]
by himesika | 2010-05-04 10:49 | 日記 | Comments(0)