<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨日、大阪はカンカン照りで、1時過ぎに行った蕎麦屋のテレビで「大阪 大雨洪水警報」という文字を見て、「んなアホな」と思ったくらいだったが、会社に戻ってから2時過ぎには空が真っ黒になって滝のような雨と雷で外が何も見えなくなった。

そんな荒れた天気のせいであっちこっちに落雷が有り、信号機の故障が多発して通常ダイヤが1時間以上遅れた上に大阪から姫路まで2時間掛かった。
特に加古川から姫路は通常10分ちょいで行くのに1時間も掛かった。

途中、家内からメールで「Sさんから電話で同窓会の案内が有るから電話してって」と言って来た。

帰って電話して久しぶりに話をした。
年賀状のやり取りだけの付き合いになってしまっているが9月には会えそうである。
[PR]
by himesika | 2008-07-29 21:00 | 日記 | Comments(0)

9時くらいにチャイムで目覚めた。
防火装置の点検日だった。
チャイムはシカトしながらも起きてコーヒー。
家内もぴょん子も起きて来てから新聞を取りに下りたついでに作業員に準備が出来た旨を伝え、すぐにやってもらった。
昼は宮西のマックスバリュでブラウンシュガーや氷と一緒にサンドイッチを買って3人で食べた。
テレビを観てから近くのマックスバリュでビールと珍比良、バタピーなんかを買った。
バタピーで缶ビール2本飲んで昼寝。
7時前に起きて『鉄腕ダッシュ!』を観てからぴょん子のリクエストで家内がマックへ行って買って来た。
コーラ・ベーコンレタスバーガー・フィレオフィッシュ・ナゲット・ポテト。
運動もせず、グダグダとテレビを観て食って寝て。
そんな日が年に何日か有っても良かろう。
昨日みたいに炎天下に無理をすると軽い頭痛が夜まで残る。
[PR]
by himesika | 2008-07-27 23:35 | 日記 | Comments(0)

【蚊】

寝坊をして少し焦りながら歩いたせいで、額に薄っすら汗が滲んだ。
病院の受け付けを済ませて待ち合い室を覗くと、3人掛けの椅子に新聞紙を広げて占領している老人が居る。

年長者のくせに。

私が新聞を読むお手本を見せてやる事にした。
おでこの汗が気になるのだが、ハンカチで拭く程の事でもなかろう。
空調が効いているからそのうち乾く。

両手を前に突き出した格好で新聞を掲げ、ざっと1面に目を通した所で、何だか左の生え際が痒くなった。
くりくりと中指でさすってみたら、指先が水分で光った。

汗のせいか。

身体を大きく傾けて、ズボンの右後ろポケットからハンカチを引っ張り出し、叩くようにして額の汗を吸い取らせた。

すると、さっきまでの痒い感覚が少し強くなった気がした。
指の腹でさすってみると、そこだけざらっとして膨らんでいるのが感じ取れる。

時間と共に痒みが増して熱くなってきた。
場所が場所だけに、向かい合った人の目には、はっきりと映る筈だ。
出来るだけ顔の左側を壁の方へ向けていよう。

てこてこ指で叩いていると問診が始まった。

「奈良鹿さ~ん」
「はい」

婦長が私のおでこを見た。

「どうですか?」
「痒いです」
「それでここへ?」
「いやいや、も少しちゃんと採血して下さい」
[PR]
by himesika | 2008-07-27 14:35 | 駄文 | Comments(0)

グダグダと10時近くまで寝てから起き出して朝食。
テレビを観て昼は素麺。
外へ出る気配も無いので着替えて2時に炎天下、ウォーキングに出た。
タオルとポシェットと靴以外、身に着ける物はみんなユニクロ商品だった。
宮西から市川縁、二本松、五軒邸、ブラバンの練習が聞こえた東高の南側を通って、お城の回りを回って大将軍橋から帰ってくると4時。

シャワーを浴びて缶ビール2本飲み、7時まで寝た。
夕食はうなぎと玉子焼き。

夜、家内が「はねていた」ペットボトルを私が片付けてしまったと怒り、
「もう台所のもん、何も触るな」と言ったが、「はねていた」のか「放っていた」のか、本人にしか判らないのだから始末が悪い。
まぁ、私にとってはどっちでもいい事である。
[PR]
by himesika | 2008-07-26 21:23 | 日記 | Comments(0)

8時過ぎに起きてコーヒーとブラウンシュガーで朝食。
家内とぴょん子が出掛けた後、流しの片付けとフィーさんの世話。

母親に電話すると、「靴とつっかけが買いたい」と言うので10時前に出た。
実家に着いてしばらくいつもの話を聞かされてから、母親を乗せ、まずは大久保のビブレへ。
婦人靴売場を見たが若者向けでヒールの高い物ばかりだったのでズック靴だけ買って『杵屋』へ。
何年ぶりかでざるうどんを食べた。
天ぷらの茄子が馬鹿みたいに大きかった。
その後、実家で母を下ろしてから墓の草むしりに行くつもりだったが、つっかけを買いたい母親の為に明石駅のステーションデパートへ行った。
畳地のサンダルを買ってからサ店でこれも久しぶりのミルク金時を食べた。
いかなごの釘煮を買ってもらって実家に母を下ろすとすぐに2時過ぎ、マックスバリュで墓花を買ってから墓へ向かった。

チャッカマンが点かず蝋燭と線香は省略。
雑草は2ヶ月程前に見た時ほど気にはならなかったが目立つのをしばらくの間むしってから高速で姫路に帰った。

2003年のM-1を観ながら珍比良をつまみにビールを2本飲んでいると家内が帰って来た。

ソファで寝てしまって8時過ぎ、家内も寝てしまっていたので冷蔵庫にうなぎが有るのは知っていたがふりかけだけでご飯を一膳だけ食べた。
いつ食えるか判らないうなぎより、すぐに食える一膳めしである。
[PR]
by himesika | 2008-07-25 22:05 | 日記 | Comments(0)

久しぶりに万歩計をベルトに着けて1日過ごした。
いつも通りに駅まで歩き、大阪駅から会社までも片道歩き、食事の時に15分程ビジネス街を歩き、帰りはまた姫路駅からマンションまで歩いた。
それで歩数合計は14797。
思ったよりも少ないので少々興醒めだが、これくらいの活動量は維持しておくのが良かろう。
[PR]
by himesika | 2008-07-22 23:47 | 日記 | Comments(0)

【馬鹿】

馬鹿が馬鹿なのは、利口な奴の為に使われているという認識がない所であって、それこそが馬鹿が馬鹿たるゆえんである。

また、馬鹿は繁殖力が強いので利口な奴より人口が多い。
それは馬鹿でない連中にとっては非常に都合が良い。
「その他多勢」は馬鹿に限るのである。

「利用される馬鹿」を「相対的な馬鹿」と呼ぶとすると、「絶対的な馬鹿」も多くの馬鹿の中には存在する。
落語に出て来る「どっから見ても馬鹿」という奴である。

そういった馬鹿達を見て、機嫌さえ良ければ「可愛い」と感じる事も出来るだろうが、腹に据えかねるのは「利口な馬鹿」である。

他人を犠牲にして、誰も喜ばないどころか迷惑を掛けるような事をしでかし、私利私欲を貪る馬鹿の事である。

「たとえどんなに悪い馬鹿だとしても、彼等にも擁護されるべき人権が有る」と言い出す奴等。
それを「究極の馬鹿」と言う。
[PR]
by himesika | 2008-07-21 23:38 | 駄文 | Comments(0)

21日(月)海の日

生存しているだけで汗ダクになってしまう真夏日に、昨日同様、早番で3時まで仕事。

昨日は吉野家以外のお店を捜している間に大阪駅に着いてしまってマックでダブルチーズバーガーセットを立ち食いしたが、今日は会社近くのラーメン屋でワンタン入りの潮ラーメン¥700を食べた。
帰りの電車にぐずぐず泣き続ける子供が居て、おとなしくさせられない父親が馬鹿に見えたが子供の眠気の始末は寝かすしかない。

昨日同様、帰ってシャワーを浴びて、「シャワーを浴びて石鹸を使わないなんて勿体無い」と家内に指摘されたので今日は入浴代わりにシャンプーや石鹸をちゃんと使った。

缶ビール500を2本飲みながら夕食は目玉焼きとウィンナー。

7時から寝て9時半に起きた。

SMAP&SMAPを観ながら閻魔をロックで飲んだ。
[PR]
by himesika | 2008-07-21 22:53 | 日記 | Comments(0)

【腕時計】

中学校へ上がる時、入学祝に腕時計を買ってもらった。
「お姉ちゃんやお兄ちゃんは自分の貯金で買ったんだからね」
そう言って母はあんまりいいのじゃないのに決めてしまった。
竜頭を押しても日付が変わらず、いちいち12時から9時まで短針を戻して合わせないといけないやつだ。

当時は当たり前のように「自動巻き」と言って、腕を動かせば時計の中で機関車の車輪のようなのが回ってネジを巻いてくれるという仕組みだった。

それがいつの間にやら電池式のもっと安い時計をするようになる。
数字の代わりに十二支が書いてある物やデジタル表示の物など、2千円出せばおつりが貰えるようなのばかり買っていた。

不思議に電池交換をした事が無い。
切れる前になくすか、買い換えるかしていたのだろう。

6、7年前、電池交換不要のソーラー式アナログを買った。
今は1万を切るのも有るようだが、その数倍の値段をはり込んだ。
エコロジーは口実で、単純に珍しくて面倒臭くもないと思ったからだ。

ところが、そいつも日付を変えるのに9時まで戻さないといけない。
3月1日になると結構しんどい。
最近は向こう100年程日付変更不要なんてのも有るらしいし、電波受信で時刻合わせも要らないってのまで出て来た。

しかし、よく考えてもご覧なさい。
もしも、グリニッジか明石だか知らないが、
「次の閏年は計算の結果、すっ飛ばす事にします」
なんて急に言われでもしたら、大変である。
それに私のように、常に3分進ませておく習慣の有る人間は「正しい時刻」では困る。

その点、手動はどうにでもなるから安心である。
[PR]
by himesika | 2008-07-19 22:45 | 駄文 | Comments(0)

9時頃起きて朝食。
昨夜、ぴょん子がポートアイランドの『イヅミヤ』へ行くと言っていたが、朝方まで起きていたせいで眠気に勝てず寝続けると言うので、母親に電話してから家内と2人で出掛けた。

「スイカが食べたい」
と言ったのでマックスバリュでカットスイカやサンドイッチを買ってから実家へ。
先日玄関先で転んだと言っていた母親はベッドで横になっていたが普通に起きて来た。
色々話を聞きながらサンドイッチやアイスクリームを食べ、下の姉がお歳暮で持って来たラガーの詰め合わせを箱ごと引き取り、その他にも通販の甘納豆やスープなんかを貰って姫路へ。

『ユニクロ』へ行く為に中地で降りたが家内が携帯を見るとぴょん子から返事が来ていたと言うので一旦マンションに帰った。
冷蔵庫に缶ビールを全部入れた。

ぴょん子と3人で出直して『ユニクロ』へ。
私はウォーキング用に帽子やシャツ、短パン、靴下、パンツなんかを選んだ。
家内は結局自分のは1つも選ばず、宙太に送る物を探していた。
ぴょん子の分まで入れて¥15、000ちょっと買った。

リバーへ行って宙太のシャツなんかを買って家内とぴょん子はクレープ、私はマックのソフトツイスト。
その後、『満天』のたこ焼きを私がソース味、ぴょん子が醤油味、家内はポン酢ねぎ味で食べた。

帰って缶ビール2本飲んで6時から8時半まで寝た。

ユニクロで買った自分の物を箪笥にしまって、夕食は冷凍グラタン。
[PR]
by himesika | 2008-07-19 22:40 | 日記 | Comments(0)